男性だけの宴会を必ず盛り上げてくれるピンクコンパニオンという存在

人数の選択が大事です

ピンクコンパニオンを呼んで宴会を成功させる際にとても大切にポイントがあります。それは、ピンクコンパニオンの人数です。何人の女性を呼ぶかで宴会が成功をするかしないかが決まってしまうんです。
まずピンクコンパニオンを利用する前に考えておくべきことは、宴会本来の目的です。大勢の大人の男性が集まって飲むからには目的が必ずあります。会社の宴会であれば、日頃の仕事を労い合ったり、職場ではなかなか取ることが出来ないコミュニケーションを取ることです。それを成功させるためにサポートしてくれるのがピンクコンパニオンという存在です。つまり、あくまでピンクコンパニオンは目的を果たすためのサポート役に過ぎないんです。それが目的になってはいけません。
もしピンクコンパニオンを男性と一生の人数だけ呼んでしまうと完全なペアが出来てしまいます。それでは男性同士のコミュニケーションはなくなります。男性は女性と二人だけの空間を楽しんでしまうんです。つまりどれだけ宴会が盛り上がったとしても本来の目的を考えると失敗になってしまうんです。
ですから、ピンクコンパニオンの人数は多くても男性三人に対して一人程度に留めておく必要があるでしょう。そうすれば、ピンクコンパニオンとの時間も男性同士の時間もバランスよく楽しむことが出来るはずなんです。
ピンクコンパニオンを呼ぶことを考えている幹事の男性はしっかりと以上のことを理解しておきましょう。そうすれば、幹事としての評価も確実に上がるはずなんです。